AX


2006年 08月 14日 ( 2 )

昨日はね。。
九州では猛暑の日々が続いとります。

昨日は高校のとき一緒にバンドやってた奴のライブに、天神まで足を運んできました。
久々の福岡の街はやっぱり活気があって、街を歩く人も建物も個性派揃い。
味のある男とモデル級美女のカップル群に少々舌打ちしながらも(笑)目的のライブハウス付近に到着。カワカッコいいサンダルを発見し(しかも低価格)、即買い。コンビニで『まずは一杯』ならぬ缶ビールを購入しようとしたそのとき。。いかにも酔っ払ったROCK野郎を発見。

…はい、彼でした。友達であろう彼でした。彼はPUNKなROCKでしたとさ。

彼のバンドはLULLABYEといって、最近結成されたハードコアバンドらしいんですが、早くも企画でトリを務めちゃうくらい実力とパフォーマンスがすごいと好評らしく、その噂と予想を超えてカッコよかった!奴はすごいドラマーになってました。

お向かいのライブハウスでははたまた知り合いの地元バンドが、ちょうど2マンライブを終えたところでした。。。(そのバンドは東京ツアーに来た時うちに寝泊りし、弟が仲良くてローディーについてます。お世話になってます。)

いやぁアツいよ、福岡県田川市。アツいよバンドマン。
俺も生活がんばるぞー( ゜д゜)、
でも気温よ、さがれ~

そんなこんなで、家から歩いて20秒のところにラーメン屋ができてました。
そこの店長さんも地元では有名なROCKバンドマンだったそうです。

ちなみに僕ちん、友達と一緒にいた美人さんから
『気持ち悪い』といわれましたとさ。

…やっぱりね 笑’

うるせーよっ!!チャンチャン♪
[PR]
by buzzscript | 2006-08-14 17:48 | じゅんや (B)

先日は、ギリギリの出順告知にもかかわらず、8月10日(木)のLiveに来ていただき、本当にありがとうございました~!!

この池袋マンホールという場所は、メンバーひとりひとり、それぞれの思い入れがあるところで、今の自分達の原点がここにはある気がします。
その思い入れのひとつ、Buzz誕生のエピソードの一つを今日は紹介してみようと思います。思えば約5年前、まだ大学生だった僕は、当時カトーと共に結成していたGrass Ballというバンドで、たまたま繋がったSunsetlifeRECというインディーレーベルの企画に出演することになり、これまた、たまたまそのとき出演していたSonicSpinというバンドにJUKくんがいて、そのライブを見たとき、何か引き込まれて、目をそらすことができない感覚に襲われたのを覚えています。
“自分がやりたい音を出しているやつらがいる‥”
そんな感覚だったと思います。

その後、打ち上げがあり、Grass Ball代表として参加した僕は、JukくんとNirvana話や音楽の話で意気投合し、その帰りにJukくんが言った、
“俺達は、いつかどんな形であれ、絶対に一緒にバンドやりたいね”
という言葉に心踊らせていました。

しかし、連絡先を交換したものの、その後は一度だけ、Jukくんに一緒にやらないかと誘われたっきり、連絡を取りませんでした。
僕も当時2つ目のバンドをスタートしていて、もう一緒にやれることはないのかと思って
いた、
それから2年後、半年くらい音楽活動をしていなかった僕は、ふとJukくんの言葉を思い出し、連絡を取ってみようと思いました。
ちょうどそのとき、Jukくんも新しいバンドを始めていて、二つ返事で僕の加入が決まり、間もなく、サークルの
後輩だったジュンヤが加わり、初期BuzzScriptがスタートしたんです。

たった一晩、会っただけの一人のボーカリストと、今こうして同じ思いを表現していると思うと、
人とのつながり、出会いというのは、本当に一瞬にして現れるもので、そこで動き出すことで、それが運命となるものなのかと感じます。

人との出会いは常にあるものではないし、普段はそんな風に感じないことの方が多いけど、今つながっている人々との出会いへの感謝と人との新しい出会いは、これからも大切にしていきたいと思います。

こうした思いの強い場所で、久しぶりのライブをやらせていただいたことで、更に音楽へのモチベーションを高めることができたと思います。
次のライブまで、ちょっと時間がありますが、この間に今までできなかった活動を、形にしていきたいと思います(^o^)
次のライブは9月25日(月)渋谷サイクロンです。是非お楽しみに!☆
[PR]
by buzzscript | 2006-08-14 00:45 | Takashi (Dr)


都内に存在中のバンド    BUZZ SCRIPT のblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31