AX


大切な友人
大切な友人の話です。

昨日の夜、日がまわったくらいの時間にケータイにその友人からメールが入ってきました。

眠りにつきながらその友人のことを想うと記事にせずにはいられなくなったので
紹介したいと思います。

まるで昼ドラのような彼の体験は涙無しでは語れないっす。

ではちょっと長くなってしまいましたが続きで彼の話を御覧下さい。






友人の話

久しぶりにある友人から連絡がありました。

その友人には目標があります。

教師 になることです。

きっかけは詳しく覚えていませんが、きっと
すばらしい恩師との出会いがあったのでしょう。

または彼が人と触れ合い、人と共に成長していけること
が彼を強く惹き付けたのかもしれません。

彼は大学を選ぶときに迷わず教育学部を選び、受験しました。

お世辞でもけなすわけでもいやみでもなく、
残念なことに彼は受験勉強が得意ではありませんでした。

彼は高校で生徒会長をやっていましたが、
内申書のためだとか
面接で有利だからだとか

いろんな噂を立てられて気の毒でした。

生徒会長としての彼は、はじめこそはうまくいっていなかったようですが、
次第に皆と打ち解け、彼の周りにはいつも良い空気が流れていました。

もちろん自然勝手にそうなったわけではなく、彼の必死の努力の末に得た結果でした。

彼はとても努力家です。
人情深く、細かい気遣いができ、たくさんの人に慕われる
とても素晴しい人物です。


残念なことに彼は、
高校を卒業する年に大学にうかりませんでした。

その年の四月から予備校に通うことになっていたと思います。

しかし彼はつきあっていた女性との間に子供ができて結婚しました。

大学に通う道が閉ざされました。

それでも彼は
「奥さんと子供を幸せにするのが先。大学へはその後で。いつになってもいい。」
といって笑いました。

両親には勘当され家を追い出され
目標も遠くへ先延ばしにすることを余儀なくされた人のいうことか?
と想いとてもやるせなかったのをよく覚えています。

その後彼は奥さんの実家に転がり込み、
生活費やこれからの生活ために一生懸命働きました。

はじめは塗装関係の仕事。

しかし体を壊しコンビニの深夜バイトをすることになりました。

そのうち子供(娘)が生まれ、いよいよしっかり働かなくてはいけなくなりました。

深夜の仕事は大変そうでした。

生活は昼夜逆転し、家に帰るのは早朝。

義理の両親や奥さん、子供を起こさないようにこっそり家に入り、
1時間ほど寝たら奥さんと子供と一緒に朝飯を食い、、、
散々気を使いながら夕方までの数時間、再び睡眠をとる。

そんな生活を2年ほど続けていたと思います。

心身共に疲れきったと思います。

ベタなドラマのようにそんな彼と奥さんの関係は次第にすれ違い、
いつしか彼は奥さんに対して疑問を抱くようになっていました。

生活費のたしにというよりかは育児でノイローゼぎみになっていた奥さんは
子供を両親に面倒見てもらってパートに出るようになっていました。

奥さんの様子の変化に気付いた彼はなんと探偵を雇って浮気調査をしたみたいです。

その調査は半年に及び、結果はクロ。

パートに出た先でばっちり不倫していたみたいです。
相手も人妻と分かっていたようです。

調査結果を義理の両親と奥さんの前に突き出し、彼は奥さんに問いただしました。

しかし奥さんにはもう彼への気持ちはなく。

彼にとってもすでに結果は出ていたようですが、
自ら離婚を申し出ました。

義理の両親には、
「君がしっかりしていないからこうなってしまった」
と言われたみたいです。


義理の両親に気を使い、一生懸命家族のために働き、身を粉にしてきた約4年。

いったいなんだったのでしょう

自分がその事実を知ったのは彼等の入籍記念日
(式はもちろん挙げていないし新婚旅行にもいっていない。せめて旅行くらいはプレゼントするんだといってましたね。)

そういえば今日だったよな?くらいの軽い気持ちで彼に電話すると
浮気調査=クロ というところまでを知らされました。

そのときの彼はすでに離婚を固く決意していました。

いたたまれないとはこういうときに使う言葉だと思いました。


慰謝料を請求しない
養育費は払わない
養育権を放棄する
という条件で彼等は離婚にいたりました。

子供はまだ父親を認識していなかったことでしょう。
それが娘にとって唯一の幸せなんかもしれんと彼は言いました。

彼に残ったのは
深い悲しみと
疲れきった体と
調査料の200万の借金・・・・

夢をあきらめ過酷な道を歩んできた彼はひどく傷付いたことでしょう。
もし自分が同じ立場に立たされたらまちがいなく正気を保つことができなくなるでしょう。


その後彼は両親と和解して実家に戻ることを許され、借金を返すために働き、1年半ほど前にやっと(3年がかりで)借金を完済しました。

今彼はやっと自分の望む道への半歩を踏み出せているようです。

バイトしながら予備校に通っているそうです。


彼にとってこの8年あまりは長い回り道だったのかもしれません。
もちろんまだ大学に合格したわけではありませんが
きっと明るい道を歩み始めているのでしょう。

他人のことを自分以上に心配して、我が身を投げ打ってでも友人を救うほどの彼。
自分も何度彼に助けられ、力になってもらい、楽しい時間を過ごしました。

過去に押しつぶされることなく
しっかりと将来を見据え
今度こそ己のために今後を歩んでもらいたいです。



そんな彼のために今日の一曲
またまた登場のGRASS BALL、2ndデモより
Flower of the Sun
です。

If you're the sun, I'm a sun flower.
大切な人の前で自分はヒマワリでいたい。
常にその陽射しをいっぱいに浴びて。

この曲を聴いてみたい方はカト-まで連絡下さい(_ _)
[PR]
by buzzscript | 2006-07-14 22:53 | カト (Gt)
<< 6×9=53+1 蜩 >>


都内に存在中のバンド    BUZZ SCRIPT のblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30