AX


仕事の帰り道
今年最初のヒグラシの声を聞いた


去年の夏は感じなかった


今日感じた想いは
去年のモノとはあきらかに違う


ひどくきつく
心を締め付けた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

汗ばんだ体冷やして
終わり告げる夏の日の夕闇
渡る風
つきた

日は暮れ森の声が
耳鳴りのように時を包んで
もう
気は遠く

このまま
溶けて
しまえたらどんなに良いかな

曖昧に


ずっと夢見てた
この場所この風景を
なぜか思う度
必要だってなって

このまま
溶けて
しまえたらどんなにいいかな

あの角自転車を
追ってた君はもういない
そんなノスタルジーに
ふけってみたいどこにもないのに

本当は


かえれない
それはどこ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

popcatcherのAl.「poikilotherms」より
ヒグラシ

とゆう曲の詞です

以前 "雨" という記事でも紹介しました

歌詞カードを持ってないので聞き取ったままに書きました
微妙に違うかもしれません

去年の夏タカシさんから
「カト-は絶対好きなはず!」
といって渡されたAl.でした

無論聴いてすぐに好きになりました

去年の夏はこのヒグラシという曲を含めて
このCDをたくさん聴きました

ちょうどいろいろあった時で
たまたまこの曲のせつなさと気分が被ってたみたいです

去年もたくさんヒグラシの声を聴いたはずなのに
その度にこんなに切なくはならなかった

今日聴いた今年初ヒグラシがこんなにも想いを
フィードバックさせるとは


この先ずっとヒグラシの声を聞く度にあの頃を思い出すとしたら
どんなに苦しいんだろう

いっそ曖昧でも良いから溶けてしまいたい

今日のような蒸し暑い日は特にそうおもうのかな。。。。
[PR]
by buzzscript | 2006-07-13 22:17 | カト (Gt)
<< 大切な友人 引っ越し >>


都内に存在中のバンド    BUZZ SCRIPT のblog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30