AX


曲作り
先日の月曜日のスタジオ録りMDを聴きながら、

「なんとも切ない曲を作ったもんだ」

と感心していました。

BUZZの曲つくりは、例外を除いては4人全員でやってます。
おおまかな構成を各自が持ち寄ることもあれば、
だいたいこんな感じでって時もあるし、
こんなフレーズ/コード/リフしかないときもあります。







独りで悶々と悩むよりはみんなと一緒に頭を抱える方がいい

というかですね、その場でしか産まれない展開や雰囲気なんてのもあるから
できるだけ曲を形にしていくときは4人が揃っていて欲しいんですよ。

それぞれの思うことをその場で確認できるしね。

それぞれがそれぞれの思うように形にできるし。

おれが悩みつつ首をかしげつつギターを弾き
JUKさんが歌をのせて
じゅんやが(とまどいつつ)ベースを弾き
タカシさんがイメージぴったりのリズムを奏でる

いつもそんな感じです。


先日のスタジオではかれこれ2か月前に一つのネタとしてできていたものを
仕上げる作業をしました。

おれがその場で思い付いてみんなに披露したフレーズが基になって
その素から後日派生させたモノを別ネタとしてまたみんなに聴いてもらってたら

じゃあつなげてみない? ってなって、

つなげてみたら おっつ??? いいんでない? ってなって。。。

切ない
エモい
だが淡白さもあり

とっても高感情的な仕上がりになってます。

この切なさをライブで出せた日にゃあ、、、、
いったいどうなるんでしょう。


そんな訳で今日は
No Regret Life,のmaxi single. 「メロディー」より
せつなさの向こう側

です。

せつないっす。

  この せつなさの向こう側に 僕は何をみるのだろう?
  なにもないかもしれない
  分かってたことかもしれない
  込みあがる胸の高鳴りを抑えることなく
  流れ落ちる涙を停めることなく
  想いの数だけ強くなれることを願おう
[PR]
by buzzscript | 2006-07-05 21:59 | カト (Gt)
<< 寝坊 ありがとう >>


都内に存在中のバンド    BUZZ SCRIPT のblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31